カテゴリ:本( 24 )

POPEYE なんでこんなにカレーが好きなんだろう



カレーが好き!

と公言して憚らない人は数いれど

カレーが嫌い!

って人はどれくれいいたはるんやろか?


e0366033_9575762.jpg


ここ長いこと自分でカレーを作っていないけど
ワタクシはカレーが好き。三食カレーでもいい!ってほどのカレー好きやないけど
でも無性に食べたくなることがあるから
レトルトやけど常に常備。

二、三か月に一回位やってくるとある会社の
営業ちゃんはInstagramでカレーをあげてたなぁ〜

食欲をそそるこの姿。
お店の数も結構載っててじゅるるんです。





お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-08-13 07:07 | | Comments(2)

TJMook 疲れがとれる腎臓さすり


勤労乙女は暑さに弱い。
寄る年波にはやはり勝てず、今年初めに体調を崩してから
あと一歩戻っていない感。
食欲は問題ないんやけど(;^ω^)

どっかこうすっきり感がないのでなにかお手軽に
体をいたわる方法は無いものかと。

e0366033_9305251.jpg


日ごろ暴飲暴食なのでそれをやめてストレスフリーな生活を送れば
元気溌剌!なんでしょうが。
この世界で生きるのにはあまりにもむつかしい。

そっか、さするだけでええんか。

つい飛びついちゃうわ~~~( ´∀` )ホホホ

さするだけなら立ち読みで十分やってんけどね、ツボとかも
載ってたんで買いました。

肝臓は気にしてるけど(ほんまか~~の声が遠くから)
腎臓ってあんまし。でも仲良しが血尿とかひどくて副腎が
どうもって事もあったし。
年齢的にぼちぼちあれこれと対策をうってはおきたい
お年頃。
なので簡単で飽きずに忘れずにできそうなことなら~~
さすってみましょう。






お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-08-12 21:21 | | Comments(0)

週間朝日臨時増刊号2017.8.10 サザエさん2017夏


フグ田サザエ。
サザエさん。

サザエさぁんサザエさん♬
サーザエさん!
まーちの噂をかーいもの帰り
じーかんをわっすれてたちばーなしー♬

昭和の子供たちで知らない人はいない、
世代を超えたキャラクターでありアイドルやと思ってます。
歌手で「ママドル」なんて言葉もあったけど
まさにサザエさんはママドルやったと思う。
今でもテレビ放送あるんやろか。


e0366033_705844.jpg


ワタクシの世代が懐かしいってのも変やけど
でも、あゝそうやったと頷ける事ばかり。
親に怒られるとムカついていたことも、似た様な話がサザエさんの
漫画の中にあれば変に腑に落ちることもしばしばやった。

話は東京やから言葉遣いもちょっと違うけど、今のワタクシ達は
ほとんどと言っていいほど使わない丁寧な言葉にも出会える。
死語になってるよなぁ。

懐かしみつつ新しい発見もさせてくれる一冊です。



お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-08-10 21:21 | | Comments(0)

手作り燻製ハンドブック 燻製道士


ついに出番がやってきた!

e0366033_9495189.jpg


ふふふ、どうなる事やら。



お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-07-23 07:07 | | Comments(6)

しかもフタが無い ヨシタケシンスケ


ワタクシの中での第二弾。

e0366033_19474658.jpg


あああ〜
うんうん

いい顔ぉ。

ってなります。

e0366033_19482128.jpg


カバーの下のほんまの表紙にも
ヨシタケシンスケ氏の遊びココロ。

カバーの裏は…お楽しみ(笑)



お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-07-10 21:21 | | Comments(2)

老いと老後 群 ようこ

人は誰しも老いる。

勤労乙女であるワタクシもかつてかつてかの昔。
若かった…

{あ〜のころはぁわ〜かかぁったぁ♬}

書いたのはいいが誰の歌かは全く知りません^^;
失礼いたしました。

くっそ生意気な小娘のころは自分が歳をとるなんて
考えたこともなかった。
歳をとる事は大人になる位にしか考えて無くて
今でもあるのか

ピーターパンシンドローム

なーんて言葉もあったんよねぇ。
ここのところとんと耳にしませんが死語になったんかしら?
それとも何か看板変え?

でもでもどんだけ暴れようが手入れしようが
スピードに差はあれ老化する。
たーだ!生き方暮らし方前向き度などなど
(お金のかけ具合は庶民である勤労乙女には別世界)
個人差もまた出る世代。


e0366033_1971225.jpg



ワタクシもいずれは通る道。
でも…
群女史宅同様に積ん読本が溢れ、衣類布などがびっしりの押入れ。
嗚呼ああ〜わかる。
けどなぁまだなぁ。






お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-07-09 21:21 | | Comments(0)

積ん読暮らし。

目が覚めて。

ふと見回せば…

見慣れた景色。

本に、雑誌に、小物に、衣類。
片付けられない勤労乙女。

これってあかんのんとちゃうん??

久しぶりのそのまた久しぶりのぷち一念発起。
天気も良いし、ラジオの時間までにいっちょやりまっか〜

大物の洗濯、布団干し、そして数年来放ったらかしの
身内の布団一式を捨てる段取り。
今捨てる!と思ってもお金払って日時も決めないとあかんから
段取りだけね。
でもそれすらも今迄場所があるからついついそのままに。
押入れにもまだあるけどそれは袋に入ってるから一緒に
すぐ出せるし。
その気にならないとあかんね。

衣類もまたもやしまいこみではあるけど、ぱぱっと。

そして問題は、本の類。

最近読んだ新聞記事に{積ん読}がありました。
積ん読は買っただけで読まない、ちょっと後ろめたい言葉
やったけど、それをポジティブに捉えてそれ専用の
本棚まで売っているというもの。

ほー!!

しかもそれを公開していらっしゃる方々まで。
強者だわだわ。

勤労乙女はツレや身内から

読書家やのうて蔵書家、それも積ん読の。

と言われています。文庫本や新書ならまだ幅も取らないけど
雑誌も専門誌もハードカバーも多種多様にあるもんやから
それが部屋のあちこちに積み上げられてるもんやさかいに

愛書家では絶対に無い。

とも。

分類もせずとりあえず今資料的に見たいもの、読みたいものを
手近に積み上げ、その前にそう思った小山は向こうに押しやり、
あちこちに買ったまんまで某書店の袋に入ったままとか
届いたダンボール(開封はしている)のまま、その上にも積んでいる
っちゅー状態。
さすがになぁと窓際の壁に一応整列して立っている本たちの前に…
もう一列その本たち、袋、ダンボールを。

ちょっとした石垣ならぬ本垣が出来上がり!!

あかんよなぁでもしゃあないよなぁ。
今月ちうに布団捨てて衣類ちょっと片付けて、そっからやなぁ〜
読書の秋までに…少しは結果が出せれば。
[PR]
by drop0516-edge | 2017-06-25 21:21 | | Comments(0)

酒にまじわれば なぎら健壱


ちょこっとお酒を呑み本を読む事が好きなワタクシ。
食べ物関係の本がこよなく好きなワタクシ。
でもなぎら氏の本は今迄一度も接した事が無かった。


e0366033_10303610.jpg



関西ではなぎら氏と接する(テレビ等で拝見する)チャンスが
ほんとに無いって言って良いくらい、無い。

歌手で文筆家で変わったものを収集する蒐集家で…おもろいおっちゃん。
それで酒飲み。

新聞のお悔やみ広告を集めてるってどっかで読んだなぁ。

今回初めて読んでみて、その軽い語り口で書かれた言葉が
聞こえてくる様であっという間です。
同じ酒飲みだからうんうんわかるって事あり、それはそこまでやるかぁ!
って事も勿論ありで。

他の本もちょっと買いに行ってしまいそうやわ。






お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-06-22 07:07 | | Comments(2)

あるかしら書店 ヨシタケシンスケ


買った本が続きます(笑)

ヨシタケ氏のイラストをどこで最初に見たかはまったく覚えてないけど

わ!可愛い!こんな絵が描けたら素敵やろなぁ♡

と思った事は覚えてます。
もちろん描けないけど^^;

e0366033_1147994.jpg


イラストも話の内容もとにかく優しい。
ご本人は自分は超ネガティヴな人とイラストノートに書いてはったけど
それがこの儚くない優しさに満ち溢れたイラストを産んでるんやろなって
思ってます。




お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-06-16 21:21 | | Comments(2)

芸術新潮 特集ブリューゲル バベルの塔の謎


昨日待ち合わせ時間までの間に買ってしまった一冊。

e0366033_11235615.jpg


出版社違いで同じ内容のものをもう一冊買って(一冊あったらええやろ!って
声が聞こえなくもないですが)そっちはおっさんに貸し出しまして。

先日日美で取り上げてて漫画家の大友克洋氏がゲスト。
その大友氏のバベルの塔が凄かった。
それをもっとじっくりと見れたらって思ってたら本が出てて。
たまらんわぁ〜

バベルの塔…昭和の乙女の幼少の頃にはものすごいイメージが
刷り込まれています。

バビル二世。

未来版桃太郎の様な世界。

♫未来の世界を守るため
3つの僕に命令だ!(やー!)
な〜んちゃ〜らロプロス空を飛べ
ポセイドンは海を行け
なんちゃら変身地を駆けろ!♫

記憶はこんなもんですけど^^;

バベルの塔は幾つも描かれていてどれもこれも魅力的。
地べた生まれ地べた育ちの勤労乙女に取って
塔は憧れでもあり怖い存在でもあるのです。
今時はもう見なくなったけど、夢で団地なんかの真ん中あたりに立ってる
やつってあったでしょう、あれが出てきてなんだかぞわぞわする
存在なのです。

でも、バベルの塔を好き。
大友氏のバベルの塔、しっかり見てほんまもんじっくり観たいです。




お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-06-16 07:07 | | Comments(0)

勤労乙女の食事と日々のあれこれ


by drop0516-edge
プロフィールを見る