カテゴリ:おでかけ( 5 )

あんかけ焼きそば。


本日は職場であれやこれやと帰る直前におやついっぱい
食べてしもて(^▽^;)

乙女食堂はさくっとです。

e0366033_10581855.jpg


ひじひじちゃん、岩下の新生姜、浅漬け、冷奴、するめキムチ。

e0366033_10584235.jpg


焼きそばの麺をかりっと焼いてその上から冷凍の中華丼を
たっぷりかけて。
好みですけど、ワタクシはこの上から酢をかけるんが好き。

e0366033_1059613.jpg


揚げ餃子。






お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。











お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-03-25 07:07 | おでかけ | Comments(0)

牛丼、悲哀。



体調は一進一退。

熱は無い。あっても微熱。

しかし喉の炎症はおさまることを知らず。

食欲もほーんと無くって。

今までどないに体調が悪くとも(アルコール関係は除く)
食べてたワタクシがとにかく食べない。
喉を通らない。
さすがに自分でも

こら、あかんな。

とにかく通常で食べるものにチャレンジ!と

e0366033_19433072.jpg


大好きなぴんく牛丼、もとい吉野家の牛丼大盛りつゆだく
温玉付き!

さぁさぁいつもなら目の前に運ばれてきてから五分と
かからないのに!!のにのに!!

…………………………十五分以上かかった…………

ここで気付く。


牛丼は時間をかけて食べるとまずい…

いや、吉野家の牛丼が不味かったのではなく、
この時間のかかり方は美味しいものも不味くしてしまうということ。

つゆだくやのにご飯が完全につゆを吸って
さらさらっと食べられない。
華やかなぴんく色もまとっているから妖しく惹きつけられるのであって
あらゆる色と味を吸い込んででっぷりとしたご飯は
もはやどんな歓喜も呼び起こさない。

悲しい…ごめんよ牛丼。

喉につかえるお肉を水で流し込みながら、完食。

ごちそうさまでした。




お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2017-03-10 07:07 | おでかけ | Comments(6)

久しぶりに鉄乙女。



アイアンメイデンやないで。
根っからでも鉄板でもないけど、ちょこっと鉄好き。

e0366033_1020876.jpg


京阪電車の先頭車両のいっちゃん前の席を
独り占め。

e0366033_10203176.jpg


いいなぁ〜。

e0366033_10224974.jpg


鉄橋も好き。

押していただけるとありがたいです。



おおきに。
[PR]
by drop0516-edge | 2017-02-21 21:21 | おでかけ | Comments(2)

入りたい、浸かりたい。


e0366033_9592255.jpg



お風呂屋さんがどんどん無くなっていく中、
ここは頑張ってはるんやね。

e0366033_9595746.jpg



あひるって、気になる。
ああ、浸かりたい。

お江戸の銭湯も気になってるけど、ここ京都も
ええとこあるからなぁ。
巡ろうかしら?


押していただけるとありがたいです。



おおきに。
[PR]
by drop0516-edge | 2017-02-20 21:21 | おでかけ | Comments(0)

2017節分。



ここのところ毎年節分の日にお参りができる幸せ。
ありがたや。

e0366033_843325.jpg


京都の節分の一番人気は吉田神社。
でも私の足は方位守りのここ、大将軍神社へ。
今年もいい天気!!

とても小さな神社でいつもはひっそりと静かなんですが
この日は賑やかに。
お参りをして振る舞いの甘酒をいただいてほっこり。

e0366033_8441885.jpg


どなたのお顔も晴れやかでした。

ここだけの年に一回の私の行事がもうひとつ。
御神籤を引くこと。
地元の氏神様でも石切さんでも引かない。
大将軍さんで。

今年は『吉』

苦難の道散じて 喜びに向かう、とのお告げ。

ありがたやありがたや。

でも一年経って…御神籤引いてびっくりしたのが

e0366033_93582.jpg


5ヶ国語表記になってたこと。
ワールドワイドになってきたのねぇ。

さぁ、今年も頑張ろう!!



押していただけるとありがたいです。おおきに。

大将軍と書いてたいしょうぐんと読みます。
[PR]
by drop0516-edge | 2017-02-18 14:14 | おでかけ | Comments(4)

勤労乙女の食事と日々のあれこれ


by drop0516-edge
プロフィールを見る