2018睦月お江戸股旅道中記〜蕎麦〜


ホテルに荷物を置いて、ひとっ風呂浴びて嗚呼さっぱり。
おひさんがもう姿を隠しそうな夕景の中、出かけます。

どうしよっかな?と歩いてたら。

e0366033_9512989.jpg


そう、蕎麦!
少し前に他所さんでもりそばを食してはって。
いいなぁって思ってたんで。
前日も食べたけどお店の人の

あったかいんで。

の声に反射的にハイと返事をしたもんやからあったかいのでした。
まああれはあれで白ネギとの味わいが良かったんですけどね。

e0366033_9515086.jpg


二十四時とは思えない店構え。

e0366033_9532418.jpg


でも中へ入れば券売機が待機。

e0366033_9521065.jpg


ざるそばとビールを。
ここは注文してからやからちょっとお時間がかかるけど
それはそれでね。
キッチンがちょっと見えるんやけど押し出し式の生そばでした。
ちょっと読んでる本にもそれが出てきてたから興味が湧きました。

見た目はちょっと田舎そば的な幅。
なんか懐かしいわ。母方の田舎で年末に食べた年越しそばが
こんなんやったなぁ。そこに山菜が乗ってたっけ?
でも今は見かけない幅広めてのそば。

e0366033_9524278.jpg


蕎麦湯かぁいいなぁ。
でも!この後飲むのでここで。

ごちそうさまでした。



お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
by drop0516-edge | 2018-01-17 07:07 | 外飲み・外食べ | Comments(0)

勤労乙女の食事と日々のあれこれ


by drop0516-edge
プロフィールを見る
更新通知を受け取る