東西「駅そば」探訪 鈴木 弘毅


人はお出かけの時二種類の人種に分けられると思う。

荷物の少ない人と多い人。

ワタクシは多い人です。
男性で多い人は少ないけれど、女子たるものあれやこれやと
ついつい荷物が増える。
もちろん女子であっても出かけ慣れて(旅慣れて)いつでも身軽な
女子乙女もいらっしゃるけれど、家系なのかとにかくなんでも

いるのでは?

と、持っていこうとする。
まぁここ数年はワタクシなりに減らして昔と比べて随分と
マシにはなって来ました。
我が家はとにかく何処へ行くのも車で移動、という家庭やったので
何でもかんでも積み込む。子供の頃なまぁキャンプでない限り鍋釜までは
そないに無いけどちょっとした寝具は当たり前。
荷物を用意するのは母親やからその影響やろねぇ。
電車で移動に慣れたのはここ五年ほどかな。
母親もなんとかすこーしは身軽に動ける様になって来た。
父親の運転があっての生活やったからね。

おっと、話が逸れすぎて。

駅そばです。


e0366033_19382569.jpg



大阪やろ、うどんやろ!
いえいえ今回は筆者の言葉通り、駅そば。
うどんはまたの機会に現していただけるそう。

ワタクシは決して活字中毒者では無いけれど、やはり日々自分の日常に
活字が目の届くところに無いとちょっと寂しい。
世の中にはもちろん文字活字は溢れているので、目で追う気が
あれば読むものには困らない。しかし、自分の手の中で
自分の為だけに存在する活字はあった方がいい。
なのでちょっと電車で出かけるときは一冊必ず連れて行く。

以前は荷物の多さの中に本もあって、情報として必要な雑誌以外に
読むかどうか分からん本を二冊三冊とほりこんで重たい思いを。
最近は少し賢くなって今回の二泊三日のお江戸でも
雑誌以外は一冊。

この一冊。

以前に途中まで読んでたけど、改めて最初から。
旅にはええ内容やし。ワタクシにとって人生初めての駅そば、姫路の
黄そばも乗ってて嬉しい。
これに刺激を受けて以前にもお江戸や名古屋では駅そばを
いただいてきました。
和歌山でも食べたなぁ。

今回は残念ながらそばは食べたけど、駅そばでは無かった。
近いうちどっかで食べよう。

単に食べるだけではなくてその背景とかを知って食すって
良いこっちゃって思います。

皆さまお出かけのお供に如何でしょう?




お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
Commented by 仁平 at 2018-01-23 13:01 x
こんにちは

この本、以前に読んだことがあるかも。
読んだ直後には、機会があれば駅そばをと思いましたが、
駅そばよりも、おつまみとアルコールを選択していました。

旅行の荷物、かなり前から本は1冊と決めています。
読み終えたら、旅先で本を選ぶのも楽しみのうち。
いつもと違う本屋でなら、新しい発見がありそうです。
Commented by drop0516-edge at 2018-01-23 19:08
仁平さま。
えへへ、わかりますぅ。
私と比べたら多分仁平さんは食が少なめやから
蕎麦もアテも酒も!はしんどいですよね。

参考にさせていただきます!次回から一冊!
性格上、出先で新たな本を購入してしまうタチなので
無駄に持っていく必要はないですもんね。
by drop0516-edge | 2018-01-23 07:07 | | Comments(2)

勤労乙女の食事と日々のあれこれ


by drop0516-edge
プロフィールを見る
更新通知を受け取る