お江戸駆け足出逢い旅・凧編



ふと見かけた看板に惹かれて、やって来ました。


e0366033_19020252.jpeg

凧の博物館。
へぇぇぇこんなもんがあるんやぁ。
これがある建物は一階は有名な洋食のお店、たいめいけん。
ええ匂いが気になりつつもエレベーターに。


e0366033_21313061.jpeg

何とも懐かしいエレベーターのボタン。
押せばガチッと手ごたえが返ってきます。


e0366033_21321494.jpeg

出迎えてくれる凧の持つ扇子には「たいめいけん」の文字。
ここは下で繁盛しているたいめいけんの先代が作った博物館でした。
凧に対する熱い思いがこんな形になったそうです。


e0366033_21332939.jpeg
e0366033_19032436.jpeg

こんな迫力満点のものもあれば



e0366033_16203723.jpeg

手のひらに収まるサイズの物まで。

ワタクシが凧あげに興じたのはいつやったんやろか…

多分中学生の頃までは寒い時期(お正月が開けた頃?あるいは

節分前後?)

地域から子供達に奴凧が配られて、それに自分で足をつけて

堤防で沢山の人達に混じってあげてたなぁ。

今の近所の子供たちは全く未体験の事ですわ。



e0366033_19041739.jpeg


来てみて驚いたのは凧は「いか」やった!ってこと。

日本全国から見れば呼び方の絶対数は凧やけど

なぜか西日本はいかと呼ぶものがあったらしい。



e0366033_19034560.jpeg


でも、新潟でもいか。

不思議。

西の人間が持ち込んだのだろうか?

家に帰ってから改めていか、と口に出してみたけど

やはりしっくりこなかった。



e0366033_16311182.jpeg

e0366033_16320195.jpeg

ふとした出逢いで日本の遊びの文化の一端に触れることが

できました。

入ってよかった。

素敵なお土産も買えたし。



大空にふさわしい凧の世界から、一階の食の世界へ。

大行列やったわ。

次回は一階の食の世界へ行ってみたいです。


お帰りの際に
押していただけるとありがたいです。おおきに。


[PR]
Commented by vaxpops at 2018-05-30 19:50
[たいめいけん]の先代が、お客さんに“今度、フランスで凧を上げるんですよ”と云つたら、そのお客さんが“ほほう、フランスでも蛸を揚げるのか”と感心したとか何とか、そんな逸話を目にした記憶が、ふと蘇りました…。
Commented by drop0516-edge at 2018-06-01 19:16
ばさらさーま。
いやん!
さっすが、ばさらさま。
よくご存知。

小さい個人の博物館ですが
だからこそ充実感があります。
by drop0516-edge | 2018-05-28 21:21 | おでかけ | Comments(2)

勤労乙女の食事と日々のあれこれ


by drop0516-edge
プロフィールを見る
更新通知を受け取る